心理判定員<心理学の資格>

心理判定員は、認定資格や国家資格ではありません。
 
地方公務員試験に受かって、心理関係の仕事を希望して配属される、つまり、その職業に就いて初めて認められる資格です。
 
児童、保護者等に対するカウンセリング、心理判定、心理療法等の業務に従事します。

心理判定員とは

たとえば、虐待や非行、養育の不安や発達上の問題など児童、保護者等の相談に応じ、診断面接、心理検査観察等によって児童、保護者等に対し心理診断を行います。
 
そして、医師や児童福祉司等の専門職員と連携しながらその状況を調査し、必要に応じて保護者や子どもに心理療法、カウンセリングを行い、問題を解決していきます。

心理判定員の職場

心理判定員が配置されているのは、福祉行政の担い手として、児童相談所や身体障害者更生相談所などの相談指導機関や肢体不自由児更生施設、重症心身障害児施設などです。
 
子どもや障害者などの自立をめがして、心理学的な面から援助しています。
 
精神保健についての知識や経験を持っていること、大学や大学院で心理学関係の学部を修了していることが望まれます。

心理判定員の専門試験分野

心理判定員の専門試験分野は以下の通りです。
 
■一般心理学(心理学史、発達心理学、社会心理学を含む) ■教育心理学
■応用心理学
■社会調査
■統計学

心理判定員の待遇

具体的な仕事は子どもや障害者などの心理状態を把握するために検査やレクリエーション、クラブ活動を通じて集団療法や個別療法などを行います。
 
上級(I種)地方公務員採用試験に合格することが先決。
 
その後、各地方自治体へ問い合わせること。
 
公務員としての職種になりますので、待遇は安定しています。

心理判定員のページTOPへ▲

Copyright © 2005カウンセラーの資格. All Rights Reserved.